プランター自然栽培

農業はもちろん、家庭菜園の知識もない男が、突然プランター栽培を自然栽培でやろうという企画「プランター自然栽培」。
栽培日数100日を突破した。

大根栽培で100日とは、通常なら「じっくり育てている」に分類されるほどらしい。

あちこちで「追肥せよ」と言われている通り、肥料無しでは時間がかかるのだということが実感できた。

そんな中、唯一育っていなかった株にもようやく変化が起き始めた。

※スマホのカメラで撮影した画像のため、撮影時間や天気、スマホカメラの汚れ具合によって色がおかしい、ピントがぼけているなどありますがご容赦ください。

大根の成長

99~100日経過

プランター自然栽培 大根99日目

種蒔きから100日が経過し、通常の肥料有りの栽培なら収穫時期といわれるほどの日数になりました。

我が家の大根たちは無肥料ということもあり、育ちが遅いようです。

とはいえ、確実に日々成長しております。

101~102日経過

プランター自然栽培 大根101日目

お隣の水菜プランターで野良猫騒ぎが起きていましたが、大根たちは無傷でした。

今や我がプランターのエース的存在になった大根たちが全くの無傷で一安心しておりました。

103~104日経過

プランター自然栽培 大根103日目 その1
プランター自然栽培 大根103日目 その2

大都会にもかかわらず、雪が舞うほどの寒さです。

寒さのせいかわかりませんが、黄色くなる葉が週に1枚程出るようになりました。

この時期の大根にはありがちなことなのでしょうか・・・。

そんな心配をしていると、根が飛び出していなかった株に少し変化がありました。

2枚目の画像の奥の株をよーーくご覧ください。根元に白いものが見え始めました。

105日経過

プランター自然栽培 大根105日目 その1
プランター自然栽培 大根105日目 その2

朝、車のフロントガラスが凍りつく寒さです。

野良猫騒動により、防虫ネットで包まれたのは、あながち悪いことではなかったのではないかと考えております。

ビニールではないので、保温効果はなさそうですが、霜よけにはなるのではないでしょうか。

今週のまとめ

ようやく一番奥の株も根が見え始めました。

どこまで大きくなるかはわかりませんが、経過を見守りたいと思います。

なぜここまで成長の差が出たのか考えましたが、

  • 個体差
  • 日当たり
  • 土中の栄養差

上記3点ぐらいしか思いつきませんでした・・・。

この3点の中で考えるなら、日当たりの違いが原因かなと思います。

南向きのベランダとはいえ、冬は太陽が低いため、手すり付近は日当たりが悪いようです。

毎日プランターを回転させてあげればいいのでしょうが、土を満載したプランターは重すぎて難しい・・・。

何かいい方法がないか模索中でございます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*

CAPTCHA