ビタミンK

ビタミンKタイトル画像

  • 血液と骨に必要不可欠
  • 止血のビタミン
  • 腸内で合成できるので腸内バランスを整える
  • 意識しなくても不足することはあまりない
  • 不足すると鼻血が出たり骨粗しょう症の危険
  • サプリメントで過剰摂取に注意

血液と骨に必要不可欠

ビタミンKは、血液と骨に必要不可欠なビタミンといわれています

ケガなどで出血した時に、止血する物質を活性化する作用があり、「止血のビタミン」と呼ばれることもあります。
ビタミンKが不足すると、出血が止まりにくくなったり、鼻血がでやすくなるといわれています。

その他には、骨のタンパク質を活性化させ、カルシウムの吸収を助ける作用もあります。

ビタミンKは食事などで摂取する以外に、腸内で合成することもできます。そのため、意識しなくても不足することはあまりありません。
とはいえ、食事でも摂取しない、腸内環境が悪いとなるとビタミンKが不足してしまいます。腸内環境を整えておくことは大切です。

ビタミンKは摂取しすぎると貧血や血圧低下につながるといわれています。普通の食生活をしていれば、過剰摂取することはありませんが、サプリメントを使用している方は注意しましょう。

脂溶性ビタミン

ビタミンKは、ビタミンAなどと同じ脂溶性ビタミンに分類されます。
そのため、油脂と一緒に摂取すると吸収効率がアップします。調理法を工夫して効率よく摂取しましょう。

ビタミンKを含む野菜

ビタミンKは、パセリやモロヘイヤ、アシタバに多く含まれています。一般的な野菜では、ホウレン草や春菊、カラシ菜などに比較的多く含まれています。
野菜以外では、納豆や海苔などの海藻類にも含まれています。