ビタミンB6

ビタミンB6タイトル画像

  • 肉好きにビタミンB6
  • タンパク質の分解サポート
  • 体内でも合成できる
  • 主食の米にも含まれるため欠乏症になりにくい
  • 不足すると肌トラブルの原因に

肉好き注目のビタミン

ビタミンB6は、タンパク質の吸収をサポートする役割があります。
タンパク質をエネルギーに変えるサポート、アミノ酸に分解して他のアミノ酸を合成、神経伝達物質の合成に係わっていると言われています。
また、ビタミンB2が不足すると、ビタミンB6の機能も低下するとされています。

肉類が好きでタンパク質の摂取が多い方、妊娠中でタンパク質を多く摂取しなければいけない方などは、意識して摂取したいビタミンですね。

ビタミンB6が不足すると、肌荒れや口内炎などの肌トラブル、脳内ホルモンが不足してイライラしたり不眠症になることもあるようです。

腸内で一部合成できることと、主食の米にも含まれるため欠乏症になりにくいビタミンです。また、通常の食事では過剰摂取の心配もありません。
ただし、サプリメントなどを使用している方は注意しましょう。

ビタミンB6を含む野菜

野菜の中では、ニンニクにビタミンB6が豊富に含まれています。その他、トマピーや赤ピーマン、モロヘイヤにも比較的多く含まれています。
肉類ではレバー、魚類ではマグロやカツオに含まれています。