ビタミンB2

ビタミンB2タイトル画像

  • 発育のビタミン
  • 三大栄養素の代謝をサポート
  • 美肌やダイエットにも
  • 体に貯められないので小まめに摂取
  • 光に弱く水にも溶けやすい
  • 不足すると生活習慣病や肌トラブルの原因に

発育のビタミン

ビタミンB2は、「発育のビタミン」と呼ばれ、全身の細胞の再生や成長に大きく係わっています。爪や髪の毛が伸びるのも、子どもの発育もビタミンB2が関係しているとされています。

ビタミンB2には、三大栄養素である脂質・タンパク質・糖質の代謝を促してエネルギーに変えるサポートをしています。特に脂質の代謝にはビタミンB2が不可欠であるといわれています。
脂質は分解されないと脂肪となって体に貯まっていきます。その脂肪を燃焼してくれるビタミンB2はダイエットの味方ともいえます。

さらに、ビタミンB2はホルモンを生成する甲状腺の活動にもかかわっているといわれています。
ホルモンバランスの乱れを防ぎ、新陳代謝が乱れないようにしてくれます。

美肌にもビタミンB2

細胞の再生に関わっているビタミンB2を摂取するこことは、皮膚や粘膜の健康にも効果が期待できます。
人それぞれに、肌が生まれ変わる周期があります。ビタミンB2は、この肌の生まれ変わる周期を正常に保って、肌の健康を維持する効果があるといわれています。
周期が乱れると、ニキビや吹き出物ができるほか、口内炎や肌のかゆみ、口角炎などの原因になるといわれています。

発育にホルモンバランス、肌の健康も守ってくれるビタミンB2ですが、体内に貯めておくことができません。余った分は体外に排出されるため、毎日小まめに摂取する必要があります。
その反面、体内に貯まらないので、過剰摂取のリスクも低いと言えます。

水に溶けやすく光に弱い

ビタミンB2は、水に溶けやすい性質があります。食品を洗う時は水に浸したままにせず、煮炊きしたときは汁も一緒に飲むなどの工夫をしたいところです。
また、熱には比較的強いのですが、光に弱い性質があります。直射日光などにさらされると、栄養が参加してしまうので注意しましょう。

光と水以外には、アルコールを摂取すると効果が下がる性質があるといわれています。
アルコールには脂肪の分解を妨げる性質があるため、ビタミンB2が通常よりも多く使われるからとされています。お酒好きの方はビタミンB2を意識して摂取しましょう。

ビタミンB2を含む野菜

シメジやマイタケなどキノコ類やモロヘイヤ・シソ・ブロッコリーに比較的多くビタミンB2が含まれています。

野菜以外では豚レバーや牛レバー、ウナギや鶏卵などにもビタミンB2が含まれています。
水に溶けやすいので、できるだけ洗わずに生で食べられる食品の方が効率よく摂取できますね。