ビタミンB1

ビタミンB1タイトル画像

  • 糖質をエネルギーに変えるサポート
  • 疲労回復や脳の回転にも影響する
  • 糖質以外にアルコールも分解する
  • お酒の飲みすぎ、甘いものの食べ過ぎで不足する
  • ビタミンB1不足でイライラして甘いものを食べてしまう悪循環
  • 不足すると脚気などの病気の原因にも

疲労回復・頭の回転

運動などで体を動かすと「乳酸」という物質が発生します。その乳酸が体にたまることで、疲れやダルさを感じます。
ビタミンB1には、この乳酸を分解してエネルギーに変えるサポートをしています。
最近疲れやダルさが抜けないと感じた時は、ビタミンB1が不足しているのかもしれません。

ビタミンB1の大きな役割として、糖質をエネルギーに変えるサポートもしています。
糖質はエネルギーとして使われないと、脂肪になってたまってしまいます。そうならないために、ビタミンB1が働いてくれています。
糖質がエネルギーに変わらないと、脳の活動にも影響が出てきます。脳は糖質をエネルギー源としているため、ビタミンB1が減ると脳の活動も低下してし、頭の回転が遅くなってしまいます。

脚気とビタミンB1

「脚気」という病気を聞いたことがある方は多いかと思います。心臓の機能が低下し、足がむくんだリしびれたりして、放置していると感覚麻痺を起こし、最悪の場合心不全で命の危険まで伴います。
膝の下を叩いて、脚が跳ね上がるかどうかを確かめる脚気検査が有名ですね

この脚気の原因はビタミンB1不足によるものとされています。
ビタミンB1の摂取量が少ないことが原因になる他、アルコールの分解にビタミンB1が使われて不足してしまう場合があるようです。
お酒を毎日飲むという方は、ビタミンB1不足にならないように気を付けましょう。

とはいえ、過剰摂取すると頭痛やイライラなどの副作用もあります。特にサプリメントを使用している方は、用法用量を守って過剰摂取しないようにしましょう。

甘いものとビタミンB1

上記したとおり、ビタミンB1は糖質の分解が主な役割です。ということは、お菓子や糖質の高い清涼飲料水を大量に飲むと、それに含まれる糖質を分解するためにビタミンB1が使われてしまい、疲労回復に使う分が足りなくなってしまいます。甘いものが好きでたくさん食べてしまうと、その分だけ必要なビタミンB1の量が増えます。

甘いものを食べるとビタミンB1が不足してイライラしてしまう。そのイライラを解消しようと、つい甘いものを食べてしまう。そうするとさらにビタミンB1が不足してしまう、という悪循環になってしまいます。

そんなことにならないように、バランスの良い食事を心がけたいですね。

ビタミンB1を含む野菜

サヤエンドウやブロッコリーに多く含まれています。
最近注目されている豆苗にも豊富に含まれています。比較的安くてオールシーズン手に入るので手軽にビタミンB1を摂取できます。

野菜以外では豚肉やタラコに多く含まれています。また、胚芽米や玄米にも多く含まれています。精白米を使用している方が多いと思いますが、たまに玄米や麦ごはんにするといいかもしれませんね。