ルッコラ

ルッコラの葉

種類葉物野菜
分類アブラナ科キバナスズシロ属
原産地中海沿岸
産地東京都・静岡県など
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

品種

由来

ルッコラは、地中海沿岸地域を原産地とする、野野菜・ハーブの一種です。

古代エジプトやローマ帝国の時代にも食用として栽培されていたといわれる歴史の古い野菜です。

日本にルッコラが持ち込まれた時期は不明ですが、普及したのは1990年代になってイタリア料理が普及してからと言われています。

英語表記では「ロケット」と読みますが、イタリアの発音「ルーコラ」に近い「ルッコラ」が一般的になったのは、イタリア料理の影響と考えられます。

味と香り

ルッコラはハーブの一種でもあるので、ゴマのような独特な香りがします。また、ピリッとしたほのかな辛みと、苦みが特徴的です。

日本では水耕栽培が主流ですが、一部地域では秋から冬にかけて露地栽培されています。ルッコラの風味は栽培方法にかなり影響され、露地栽培のルッコラの方が強い風味を味わえます。

栄養価

ルッコラの画像

βカロテン・ビタミンC

ルッコラには抗酸化作用のあるβカロテンや、高血圧予防に効果があるとされるカリウムが含まれています。

また、風邪予防や美肌効果が期待できるビタミンCも豊富に含んでいます。

その他にも、ビタミンKやカルシウム、鉄分などの栄養が含まれています。

アリルイソチオシアネート

ルッコラには、辛み成分であるアリルイソチオシアネートが含まれています。

この成分はワサビやからしにも含まれていて、抗菌作用や消化促進の効果があるといわれています。

その他にも、抗がん作用や血栓予防にも効果が期待されます。

βカロテンについて
ビタミンCについて
ビタミンKについて
カルシウムについて
鉄分について
カリウムについて

ルッコラの選び方

ルッコラの画像

  • 濃い緑色
  • 全体的にハリが良い
  • 香が良い
  • 茎の切り口がキレイ

ルッコラは成長度合いで風味が変わります。

濃い緑色でしっかり成長したものほど、苦みや辛みが強くなります。風味が柔らかいものが好きな方は、緑色が薄めで茎が細く成長途中の物を選びましょう。

成長度合いはお好みで選んでも良いですが、いずれにしても収穫から時間が経ちすぎると風味は落ちてしまいます。

葉が変色していたり、しなびていると鮮度が落ちている証拠です。

ルッコラの保存方法

  • ビニール袋にいれて冷蔵保存
  • 湿らせた新聞紙で包む
  • 根元に湿らせたキッチンペーパー

?ルッコラは、むき出しで保存すると乾燥してしなびてしまいます。湿らせた新聞紙で包んでから、ビニール袋にいれて冷蔵保存しましょう。
さらに、根元を湿らせたキッチンペーパーで包んでおくと日持ちが良くなります。

冷蔵保存する時、根を下にして立てて保存するとなお良いでしょう。

野菜図鑑トップへ