水菜

水菜の葉

種類葉物野菜
分類アブラナ科アブラナ属
原産日本
産地茨城県・福岡県など
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

品種

由来

水菜は日本の京都が原産地とされています。流水を畦間(うねま)に引いて栽培していたため「水菜」と呼ばれるようになったといわれています。

日本では古くから栽培されていたと考えられていますが、それを裏付ける史料が少なく、はっきりと「水菜」という名前が登場するのは江戸時代になってからです。

関西を中心に普及していた水菜は、平成になってから全国に普及し、生産量も急増しました。現在では水菜発祥の地である京都は、生産量でみると全国で4位となっています。

水菜とよく似た名前の「壬生菜」という野菜があります。見た目は水菜とあまり似ていませんが、水菜の変種と考えられています。京都の壬生寺周辺で栽培されていたため、その名がついたとされています。

日本食が海外でも注目されているため、鍋に欠かせない水菜も知られるようになっているようです。しかし、まだまだ海外では普及していないようで、日系スーパーなどで売られているようです。

京菜

水菜は京都の伝統的な野菜です。そのため、水菜ではなく「京菜」と呼ばれることもあります。図鑑などでは「キョウナ」の方を標準和名として採用していることも多いようです。

晩秋から冬にかけて収穫されるため、冬を告げる野菜として古くから親しまれてきました。そのため、現在でも鍋料理や雑煮によく利用されています。

栄養価

水菜の画像

βカロテン

水菜にはβカロテンが豊富に含まれています。

βカロテンはがん予防や免疫力アップに効果がある他、体内でビタミンAに変換されるため髪や皮膚の健康にも効果があるとされています。

ビタミンC

βカロテンの他にはビタミンCが豊富に含まれています。

ビタミンCは免疫力アップや疲労回復の効果があるため、風邪予防によいとされています。

その他、骨の健康によいとされるカルシウムや、高血圧予防に効果があるとされるカリウム、貧血予防に効果が期待できる鉄分などが含まれています。

水菜の選び方

水菜の画像

  • 葉先がピンとしている
  • 葉の緑と茎の白がくっきりしている
  • 茎にツヤがあり真っすぐ伸びている

水菜は葉先がピンとしていてみずみずしいものを選びましょう。また、茎にもツヤがあり真っすぐ伸びているものの方がよいでしょう。

水耕栽培の水菜は切り口の株が小さい物の方が鮮度が保てています。露地栽培の水菜は茎がしっかりしていて、持った時に重量があるものを選びましょう。

水菜の保存方法

  • ビニール袋にいれて冷蔵保存
  • 湿らせた新聞紙に包む
  • 立てて冷蔵保存

 水菜は、むき出しで保存すると乾燥してしなびてしまいます。
ビニール袋にいれて冷蔵保存、できれば湿らせた新聞紙包んだ方が傷みにくくなります。また、冷蔵保存するときに、根の部分を下に立てておいた方がなお良いでしょう。

さっと茹でてから冷凍保存もできますが、水菜の持ち味である食感が失われるので、あまりおすすめはできません。