脂質

脂質のタイトル画像

  • 三大栄養素の一つ
  • 人間のエネルギー源になる栄養素
  • 美容やホルモンバランスにも影響する
  • バランスよく摂取することが大切
  • 不足するとイライラや肌トラブルの原因に
  • 摂取しすぎると肥満や生活習慣病のリスクに
  • 意識しないと摂取しすぎてしまう

エネルギー源となる栄養素

脂質は、タンパク質と糖質と合わせて「三大栄養素」と呼ばれる、人の身体づくりの土台となる重要な栄養素の一つといわれています。

「脂質」と言われると、なんとなく体に悪いイメージがしますが、人間のエネルギー源となる、大切な栄養素です。
脂質は普通の食事で摂取しやすく、摂取しすぎると肥満や生活習慣病のリスクが高くなるため、悪いイメージが定着してしまったのでしょう。

人のエネルギー源となる脂質は、車でいうとガソリンのような役割をしてくれます。
糖質のエネルギーは1gあたり4kcalなのに対して、脂質は1gあたり9kcalと倍以上のエネルギーになります。

エネルギー源になる以外にも、ホルモンの原料になったり、ビタミンの吸収を助けたり、細胞を包む膜になったりと、重要な役割を果たしています。
ダイエット中の女性には嫌われがちな脂質ですが、上手く付き合っていきたい栄養素ですね。

美容にも影響する脂質

脂質にはゴマ油やオリーブオイルなどのように常温で液体のものと、ラードやバターなどのように常温で個体のものがあります。
また、魚や肉、穀物や野菜にも脂質が含まれているため、特に意識していなくても普通に食事しているだけで摂取することができます。
さらに、脂質は塩分をまろやかにして食事を美味しく感じさせる性質があるため、摂取しすぎてしまいます。そのことで、肥満や生活習慣病、がんなどにつながってしまいます。

しかし、上にも述べた通り、脂質は細胞膜の形成に関わっているので、皮膚や髪の健康に影響します。ダイエット中に脂質を控えると、肌がカサカサになったり、髪の毛がパサパサになることがあるのはこのためです。
さらに、ホルモンバランスにも影響があるため、脂質が不足するとイライラしたり生理不順を引き起こす可能性もあります。

コレステロール

脂質と同じく、「コレステロール」と聞くと、体に悪いイメージがするかと思います
しかし、コレステロールは脂質の一種で、細胞膜をつくったり脂質の消化を助けたりと、重要な役割を果たしています。

コレステロールは「善玉コレステロール」「悪玉コレステロール」と呼ばれます。
悪玉コレステロールは、血液に乗って全身にコレステロールを運ぶ役割をしています。この時、コレステロールを運びすぎてしまうと、血管の中にたまってしまい脳梗塞や心筋梗塞の原因になります。
この運びすぎて余ってしまったコレステロールが、人体に悪影響を与えるため「悪玉」と呼ばれます。

それに対して、善玉コレステロールは血管内で余ってしまった悪玉コレステロールを回収してくれます。
悪玉コレステロールを回収し、健康を維持してくれるため、「善玉」と呼ばれています。

脂質を含む野菜

脂質を多く含む野菜は、枝豆やピーマン、ニンニクなどですが、、野菜に含まれる脂質は少なく牛肉の1/4程度です。

ダイエット中は野菜を中心に食べるという方も多いかと思いますが、野菜だけでは脂質不足になる可能性があります。野菜を油で炒めたりして、バランスの良い食事を目指しましょう。