キュウリ

キュウリの輪切り

種類実物野菜
分類ウリ科キュウリ属
原産南アジア インド北部
産地宮崎県・群馬県など
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

品種

由来

キュウリの原産地はインド北部からヒマラヤ山麓で、シルクロードを通って日本に伝わりました。日本で栽培が始まったのは平安時代頃といわれています。

日本に伝わった際に感じで「木瓜」又は「黄瓜」と書かれていたことから「キュウリ」と呼ばれるようになりました。
熟したキュウリの実は黄色くなることから「黄瓜」と書かれており、現在でも中国語では「黄瓜」と書きます。

昔は熟した黄色いキュウリが食されていましたが、甘みが少なく好まれなかったため、熟す前の実が食されるようになりました。

白イボ系・黒イボ系

キュウリは品種が非常に多く、世界で500品種以上が栽培されています。

キュウリの特徴でもある表面のトゲ(イボ)の色で大きく2種類に分類できます。イボが白いものは「白イボ系」、黒いものは「黒イボ系」に分類できます。

現在栽培されているキュウリの大多数が白イボ系のキュウリで、皮が薄く歯切れがよいのが特徴です。

一方、黒イボ系のキュウリは九州と四国の一部で栽培されているのみです。春に収穫する品種で、かつては西日本を中心に栽培されていましたが、白イボ系キュウリに味が劣るため、徐々に栽培されなくなりました。

栄養価

キュウリの画像

キュウリは全体の90%以上が水分なので、「世界一栄養価が少ない野菜」と呼ばれることがあります。

とはいえ、栄養分が全くないというわけではありません。

カリウム

キュウリにはカリウムが多く含まれています。

カリウムにはナトリウムを排泄する作用があるので、高血圧予防が期待できます。

また、利尿効果もあり、体内の水分量を調節してくれるので、むくみ対策にも効果が期待できます。

βカロテン

トマトなどの緑黄色野菜には劣りますが、キュウリにもβカロテンが多く含まれています。

免疫力を高めてくれるため風邪予防になり、抗酸化作用により老化やがん予防になるといわれています。

βカロテンについて
カリウムについて

キュウリの選び方

キュウリのトゲ

  • 持つと重みがある
  • 皮にハリがある
  • イボが尖っている
  • 太さが均一

表面のハリとイボの尖り具合はすぐに見極められると思います。最近では、イボのないキュウリもあるので、そういった品種は皮のハリを見ましょう。

あとは、実際に持ってみて重い方が水分を多く含み新鮮なキュウリです。

曲がったキュウリと真っすぐなキュウリでは味に大きな違いはありませんが、太さを見て全体的に均一なものを選ぶようにしましょう。

キュウリの保存方法

  • 熱と水分に弱い
  • ラップかビニール袋にいれて冷蔵保存
  • 低温にも弱いので野菜室で保存
  • スライスして冷凍保存も可

キュウリは熱にも水気にも弱いので、キッチンペーパーなどで表面の水滴をしっかりとってから、ラップで包むかビニール袋にいれて冷蔵保存しましょう。
低温で冷やしすぎると、ビタミンCが壊れてしまうので、野菜室で保存する方が良いでしょう。野菜室で4日前後は持ちますが、早めに食べきってしまいましょう。

スライスして冷凍保存もできます。冷蔵庫で解凍して和え物などに使用できます。

キュウリの関連商品

野菜図鑑トップへ