カリフラワー

カリフラワー断面

種類葉物野菜
分類アブラナ科アブラナ属
原産ヨーロッパ ギリシャ
産地徳島県・愛知県など
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

品種

由来

カリフラワーの祖先はキャベツなどと同じケールといわれています。

カリフラワーの原産地は諸説ありますが、ブロッコリーの突然変異種とする説が有力です。

北アフリカなど近東が原産で、ローマ帝国が衰退した後で、アラブ人によってヨーロッパに持ち込まれたとする説もあります。

15世紀頃にフランスやイタリアで栽培が始まり、16世紀にはヨーロッパ全体に普及していたと見られています。その後、19世紀にアメリカやアジアに広まったようです。

日本へは明治時代に持ち込まれましたが、当時の日本の食文化には馴染まず、あまり普及しませんでした。

第二次世界大戦後、進駐軍向けに栽培が始まり、それと同時に洋食文化が普及したため、昭和30年頃から流通量が増えたようです。

ブロッコリーとの違い

ブロッコリーとカリフラワーは、共にキャベツの仲間で、花芽が密集してできている野菜で、とても良く似ていますが、よく見ると違いがあります。

カリフラワーの花芽は固く結びついているのに対し、ブロッコリーの花芽は茎の先にできた花芽が密集しているだけになります。

カリフラワーの結束した花芽は、形状が美しく「白雪」を連想させるため、観賞用として重宝されていました。

栄養価

カリフラワー

ビタミンC

カリフラワーには、美容効果や風邪予防などの効果が期待できるビタミンCが含まれています。

形が似ているブロッコリーにもビタミンCが含まれており、含有量もブロッコリーの方が多くなっています。

一見すると、ブロッコリーの方が良いと思いますが、カリフラワーに含まれるビタミンCは熱に強い性質を持っています。

そのため、茹でたブロッコリーとカリフラワーを比べると、ビタミンCの量にあまり差がありません。

カラフルなカリフラワー

一般的なカリフラワーは白色ですが、紫色やオレンジ色いカリフラワーもあります。

カラフルなカリフラワーの方が栄養価が高いといわれています。

紫色のカリフラワーにはアントシアニンが含まれ、オレンジ色のカリフラワーにはβカロテンが含まれています。

アントシアニンは目の健康に、βカロテンは生活習慣病予防に効果が期待できます。

βカロテンについて
ビタミンCについて

カリフラワーの選び方

カリフラワー

  • 全体的にこんもりとしている
  • つぼみが密集している
  • 重みがある
  • 茎の切り口がキレイ

全体的にこんもりとしていて、つぼみがしっかりと密集しているものを選びましょう。色はキレイでシミがない物の方が良いです。

持った時に重みがある方がさらに良いでしょう。

茎の切り口をチェックして、みずみずしくて、黒く変色していないキレイなものを選びましょう。

カリフラワーの保存方法

  • ラップか保存袋に包んで冷蔵保存
  • 軽く湿らせたキッチンペーパーでくるむ
  • 茹でてから冷蔵保存もOK
  • 冷凍保存の場合は要注意

カリフラワーは傷みやすいので、ラップか保存袋に包んで冷蔵庫または野菜室で保存しましょう。
その時に、軽く湿らせたキッチンペーパーで茎を包んであげると、なお良いです。

茹でてからの冷蔵保存も可能ですが、どちらにしても2~3日が限界です。

茹でたものを冷凍保存も出来ますが、その時は注意が必要です。
固めに茹でたものを完全に水分を切ってから冷凍しましょう。茹ですぎたり、水分が付いたまま冷凍すると、解凍した時にふにゃふにゃになって食感が悪くなってしまいます。

野菜図鑑トップへ