プランター自然栽培 #2 「目標設定・資材調達編」

プランター自然栽培

目標設定

ただ闇雲にプランター栽培をしていても意味がないので、ある程度の目標を設定しようと思います。

全ての野菜を我が家で育てるっというのもいいですが、目標が果てしないので、とりあえず「自分で育てた野菜を収穫して食す」ことを目標にしたいと思います。

かぼちゃの種がきっかけで始まった本企画ですが、時期的に不可能なので他の野菜を選ぶことにします。

まずは初心者でも比較的手間がかからず、失敗しにくい野菜を選びました。
色々と調べて目についたのが「じゃがいも」です。どこを調べても「初心者向き」「手間がかからない」とあり、ちょうど手元に自然栽培のじゃがいもがありました。

ということで、「自分で育てたジャガイモを収穫して食す」ことを直近の目標にがんばります!(後に秋蒔きのじゃがいもは初心者向きではないことを知りましたが気にしない方向で)

資材調達

プランター選び

まずはプランターです。これがないと始まりません。
じゃがいもを育てるとなると、深さが必要です。深くて容量が大きいプランターの方が大きく育ち、収穫量も増えるようで、高さ25cm程度のプランターが良いようです。

ある程度深めのプランターを持っておけば、後々色々な野菜を選べると思います。

土選び

プランター栽培用の専用培養土というものがあります。どこを調べても大体この培養土がおすすめされています。

しかしながら、自然栽培を目指しているので、この培養土を使うのは何か違う気がします。できれば普通の土で自然に育った感じになってほしいです。

そこで、腐葉土と赤玉土をミックスして土を作ることにしました。実はこの腐葉土と赤玉土は、ガジュマル(観葉植物)を育てるのに使用したことがあります。全く知らない土でもないので、この2種類を混ぜて土を作ることにします。

大豆調達

無農薬・無肥料でプランター栽培するということで、肥料の代わりに大豆を一緒に植える手法をとります。

ちょうど手元に自然栽培の大豆があったので、これを発芽させることにしました。乾燥豆になっていたので発芽するかしないか微妙なところでしたが、これも手探りな感じで行きたいと思います。

いざホームセンターへ

一昔前なら園芸専門店に行かなければならなかったのに、最近ではホームセンターでほとんどの資材が手に入りますね。店によっては園芸コーナーが充実しているところもあるほどです。そんなわけで、ホームセンターCへ向かいました。

プランターを探すのは初めてだったので、種類の多さに驚きました。深さはもちろん丸型や角形、長い物から小さいものまで・・・。迷いに迷った末に一番深い40cmほどのプランターに決定、腐葉土と赤玉土と共に調達完了しました。

次回 #3「大豆発芽編」

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*

CAPTCHA