プランター自然栽培 #1 「情報収集編」

プランター自然栽培

ベランダで自然栽培

家庭菜園はじめました

突然ですが、我が家のベランダで「プランター自然栽培」を始めようと思い立ちました。

ある日の昼下がり、かぼちゃ(自然栽培)を切っていました。かぼちゃを4等分して種とワタを取り除きました。
その時、「かぼちゃって意外と種が多いんだな」と思い、さらに「この種を植えたら芽が出て花が咲いてかぼちゃができるのだろうか」と何とも小学生のような考えが浮かびました。

さっそくインターネットで「かぼちゃ 採種」と検索し、種を保存し家庭菜園を始める決心をしました。
しかし、この時私は、かぼちゃが春蒔きということを完全に失念しておりました。

自然栽培に挑戦

かぼちゃが春蒔きということは一旦置いておくとして、せっかくプランター栽培を始めるのなら、農薬も肥料も使わず自然栽培でしてみようと考えました。(ベランダで農薬を使う方は少ないと思いますが・・・)

ちなみに、私はこれまで家庭菜園の経験がなく、ガジュマル(観葉植物)の挿し木に奇跡的に成功した程度の経験しかありません。
そんな人が思い付きで家庭菜園を自然栽培で始めるなんて、野菜作りをなめてるのかと思われるかもしれません。しかし、当方は至って真面目でございます。

まったく手探り状態ですが、試行錯誤しながら実践していきたいと思っています。

ベランダの環境について

我が家のベランダは南向きで、周りに高い建物がなく、朝から夕方まで日当たり良好です。

この南向きという条件はプランター栽培を始めようと思った要因の一つでもあります。植物の栽培に日当たりはかなり重要です(と色々なサイトに書いてありました)からね!

情報収集

家庭菜園の基本から

まずは「家庭菜園とは」の部分を知る必要がありました。

野菜の栽培については多少の知識はありましたが、ベランダのプランターで実践するとなると畑と同じ手法では育たないはずです。

プランターのサイズ・水やりのタイミング・土選び・追肥などなど、基本中の基本を調べることにしました。

土選びについて

種蒔きの時期や水やりの頻度は自然栽培とはいえ参考にするべきですが、無肥料で栽培するとなると土選びと追肥に関しては参考にできません。最近家庭菜園向けの専用培養土も使わない方針でいくつもりです。

家庭菜園のノウハウと自然栽培のノウハウを上手く合わせて、プランターで実践していかなければなりません。

プランター栽培の専門サイトと、木村秋則氏の自然栽培を参考にしていきたいと思います。

色々と調べた結果、土に関しては「腐葉土と赤玉土」、肥料に関しては「大豆を植える」ことで対応していく予定となっています。

次回 #2「資材調達編」

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>
*
*

CAPTCHA