栽培方法

栽培方法について

felissimo shizen フェリシモ自然では、

  • 農薬や化学肥料を一切使用しない自然栽培の作物
  • 自然由来のJAS認定の薬剤を使用する有機栽培の作物

を取り扱っています。
どちらも大変な栽培方法ですが、ここではその栽培方法の違いをご紹介します。

栽培方法の違い

自然栽培

自然栽培とは、基本的に化学肥料や未熟堆肥等の資材や、合成農薬、除草剤など、環境に影響が出る資材は一切使用しません。

自然栽培は、土壌内部のバランスを整えながら、多種多様な微生物が共生できる環境を創り、作物本来の力を引き出すことで、その生産性を高めています。
土壌に棲む微生物の力を利用しますが、他の土壌から有効微生物などを持ち込み、使用することはありません。

自然栽培は、各地域の異なる自然環境の中で、「作物の種類(個性)に合わせて最適環境を創る」ため、生産者の細やかな観察と積極的な作物へのお手伝いが必要となります。

有機栽培

有機栽培とは、化学肥料や合成農薬などの代わりに自然由来の資材を使用して栽培を行う農業です。
自然由来の資材は、利用できる資材が有機JASの基準で決まっています。

有機栽培では、肥料として塩化カリ、硫酸カリ、炭酸カルシウム等を使用し、農薬として木酢、硫酸銅、硫黄粉剤等を使用している農家もあります。

有機栽培においても、各地域の異なる自然環境の中で、「作物の種類(個性)に合わせて最適環境を創る」ため、生産者の細やかな観察と積極的な作物へのお手伝いが必要となります。

自然栽培・有機栽培どちらの栽培方法においても、土台となる土づくりは最も大切な第一歩です。

栽培行程

自然栽培行程有機栽培
土中に空気を入れる土壌づくり土壌改良の薬剤(※1)を使用  
土中の微生物を育てる畝づくり
雑草を刈り取る植付準備 除草のための薬剤を入れる
枯れた雑草を敷く種まき 堆肥を入れる
雑草を刈り取る苗植え除草防虫の薬剤(※1)を入れる
適宜水分を補給
それぞれの作物が育つ一番良い環境を作る
草刈りなどの世話病害虫を防ぐために、指定された薬剤(※1)を使用する
収穫

※1 JAS法に定められた有機農産物に適合した薬剤

もう少し詳しい説明はこちら

農家紹介はこちら