有機栽培(有機JAS)とは?

フェリシモ自然が有機栽培を応援する理由

有機栽培では、農薬と化学肥料の使用を規定しており、人々の健康と地球環境のために良い栽培方法として、その作物の販売をしております。
フェリシモ自然の考えは、将来的にはすべての農薬と化学肥料を使用しない「自然栽培」へ進んでいただき、より一層、人々の健康と地球環境のために良い農業を目指してもらいたいと願っています。

有機栽培とは

  • 有機JAS認証を受けて栽培している。
  • 毎年、有機JAS認証に基づく報告をしている。

有機栽培は、農林水産省の制定した「有機JAS規格」に基づいて、有機認証機関から認証を受けて栽培していることを前提としています。
農薬や化学肥料は使用しませんが、有機JAS法の規定の範囲内であれば、動物の糞尿や有機堆肥などを安全な範囲で使用しています。有機肥料の範囲には、自然由来の無機物を含んでいます。

有機JAS規格とは

  • 圃場(栽培する場所、農場)ごとに3年以上農薬を使用していない
  • 禁止された農薬や化学肥料を使用しない
  • 使用するのは、天然物質に由来するもの。又は、化学的処理を行っていない認められたもののみ
  • 圃場や施設、用具などに、農薬・化学肥料の飛散・混入していないこと
  • 栽培によって環境を破壊しないこと
  • 遺伝子組み換えの種を使わない事
  • 病害虫を防除するのに農薬を使用しない事

上記は一例です。さらに詳細な項目が規定されており、同じ農家でも畑ごとに認証が取得されています。フェリシモ自然では、認証を受けている畑の作物に限って販売をしています。

有機栽培の作物の特徴

有機栽培では、農林水産省が定期的にその作物の栄養素や、規定の農薬や化学肥料の残留数値を検査しています。その数値の中に、抗酸化物質があり、農薬を使用せずに育った作物は、自身を病気や害虫から守るために作り出した物質が、一般の作物より多く含まれています。そのため人の体内で、活性酸素を少なくしてくれる作用があると言われています。この特徴は農薬を使用しない自然栽培で育った作物にも共通いています。

有機JAS法

この法律は、農業生産の振興とその作物を消費する人の利益の保護を目的として、農業に使用する資材(農薬・化学肥料・生産資材等)の規格を制定し、農作物の品質の改善・生産の合理化・取引の公正化を図るために制定されています。

その内容は、

  • 農業の自然循環機能を促進する。
  • 土壌の性質に由来する農地の生産力を発揮させる。
  • 使用禁止資材の規定と使用資材の範囲の規定。
  • 周辺から使用禁止資材が飛来し、又は流入しないように必要な措置を講じる。
  • 使用禁止資材が使用されていない期間の規定。
  • 有機栽培と慣行栽培を交互に切り替えて繰り返すことは出来ない。
  • 品質の維持更新に必要な場合、自家採取以外、品種の明確な種子等を購入して栽培する。
  • 畑で持続的効果を示す化学的に合成された肥料及び農薬が使用されていない種子又は苗の使用。
  • 農業用資材の規定。
  • 土壌中の生物(ミミズ、昆虫、微生物)による有機物の分解や生物の物質循環による土壌の性質改善。
  • 作付時期の調整により有害動植物の活動最盛期を避け、それらの被害を抑制する。
  • 物理的防除の利用。
  • 生物的防除の利用。

など、多岐にわたっていますので、詳しくは農林水産省の情報をご確認いただければと思います。