なぜ、自然栽培なのか?

なぜ、自然栽培なのか?

自然栽培とは、農薬・化学肥料を使わない栽培方法のこと。(→自然栽培とは 参照)
自然栽培の野菜は、自然の摂理で成り立っています。野菜自身が本来の味を作ろうとし、おいしく育ってほしいと願う農家の人が、目で観察し自身の手を使って野菜の手助けをしながら栽培しています。
農薬や化学肥料は、身体的影響や精神的影響も懸念さてきています。(→農薬・化学肥料について 参照)
フェリシモ自然が農薬と化学肥料を使わない自然栽培をおすすめする理由は、人々の健康と地球環境に優しく、将来に向けて広めていく必要があると思うからです。
アレルギー疾患をお持ちの方や、野菜本来の美味しさを求める方、将来の人々の健康と未来の地球環境を守りたいという思いを持たれている方々に、ぜひ食べていただきたく思います。

自然栽培の野菜をおすすめする理由

  • 自然栽培野菜は、さっと水洗いするだけで食べられる。
    • フェリシモ自然の野菜は、産地直送でお届けする自然栽培野菜なので、さっと水洗いするだけで調理ができます。
  • 自然栽培野菜は、身体に良いもの。
    • 農薬や化学肥料が使われていないため、自然栽培の野菜を毎日食べ続けても、身体に悪い影響を与える「化学物質」が体内に蓄積されることがありません。
  • 自然栽培野菜は、「本当においしい」と感動する。
    • 自然栽培で育った野菜は、甘いものは甘く、辛いものは辛く育ちます。これが野菜本来の味で、本当においしいという感動を与えてくれます。
  • 自然栽培は、人が目と手で農業をしています。
    • 畑や野菜の様子を、毎日目で観察し、少しの変化も見逃さず、自らの手で優しく野菜の成長の手助けをしています。
  • 自然栽培は、環境破壊を止めるための手段。
    • 農薬と化学肥料を使わないので、CO2や窒素化合物の発生が少ないため、人の健康と地球環境にやさしい農法です。

自然栽培の提唱者である木村秋則さんが、著書に記しているように、「2011年8月に厚生労働省が『日本人の2人に1人が何らかのアレルギー疾患を持っている』」と発表したように化学物質過敏症の人が増えはじめています。そのような方にはぜひおすすめしたいと思います。
また「本当においしい」と言える野菜を求める人、少しでも人の健康と地球環境を良くしたいという人々に、自然栽培の野菜をおすすめいたします。

(一部引用・参考文献:木村秋則著書「百姓が地球を救う」より)